私「三つ指つけや?」 トメ「え?」 私「三つ指」 トメ「・・・これからよろしくお願いします」→『映画化決定』

自慢と嫌味っぽいのと義実家に行ったときに

こき扱われるくらいで、別居だったし

鬼姑ってほどじゃなかった。

浪費家でお嬢様気質な姑は

舅の遺産食いつぶしてしまったので

仕方なく同居することになった。

いやいやの同居だったけど

姑は働いたこともない

家事もお手伝いさん任せの人で

自活していけるわけもなく

仕方なく引き取ることになった。

 

引越しでうちにきたその場で

「あらやだ、お出迎えの挨拶とかはないの~?

普通こういうときって嫁のあなたが三つ指ついて

『お母様これからよろしくお願いします』

と言うものなのよ?」

とほざいた姑。

 

「はあ?贅沢しまくって借金こさえて

遺産食いつぶした馬鹿を

引き取らなきゃいけない私達に

あんたが三つ指ついて

『ろくでもないごくつぶしですが

よろしくお願いいたします』

というのが筋でしょ?」

といらいらしていた私は瞬時に言い返しちゃった。

 

真っ赤になった姑は

「こ、この!嫁のくせに!」

と手元にあったガムテープを私に投げつけてきた。

投げつけられたことにより

私はさらにヒートアップ。

 

「私達は仕方なくあんたなんかを

引き取ってやるんですよ!

同居なんてしたくもないのに!

働きもしない家事もできない

ごくつぶしの面倒なんて誰が見たいもんですか。

頭さげなきゃいけない立場は誰だかわかってんの?

お前だ!(姑を指差しながら超でかい声)

こっちは底意地の悪い馬鹿姑に払ってやる金も

住まわせてやる家もないんだよ!

旦那の親だから

お情けで同居してやることになったんだよ!

今すぐでてくか?

出てっても全然構わないんだよ!

むしろ出てけ!

それができないなら立場わきまえろ!」

 

悔しげにうつむく姑。

そりゃそうだ悪いのは全部姑なんだから。

現実みろ。

 

私「三つ指は?」

姑「え?」

私「三つ指」

姑「??」

私「三つ指しろって言ったの誰?」

姑「や、やだ嫁子さんってばそんなの冗談で」

私「今すぐ出ていってもらっても構わないんですよ」

姑「(顔を真っ赤にして私を睨む)」

私「ほら早く三つ指」

 

荷物を元に戻し初めて外に出そうとしたところで

姑頭さげて消え入りそうな声で

 

姑「・・・これからよろしくお願いします」

私「三つ指」

 

最終的には三つ指つかせた。

次ページへ続きます

関連記事