定年を迎えた日、30年ほぼ毎日通った定食屋で普段は話さない店主に退職することを伝えた結果。

今日、ちょうど定年退職をむかえた

初老の男がひとり

駅前の立ち食いそば屋で

一杯のそばを食べている。

エビの天ぷらが一尾のっかった

一杯500円のそばだ。

 

男は30年も前から

ほぼ毎日昼休みこの店に通っているが

一度も店員とは話したことがない。

当然、話す理由なども特にないのだが

今日、男は自然に自分と同年齢であろう店主に

話しかけていた。

 

「おやじ、今日俺退職するんだ。」

「へぇ・・・。そうかい。」

 

会話はそれで途切れた。

ほかに得に話題があるわけでもない。

男の退職は、今日が店を訪れる

最後の日であることを表していた。

すると突然、男のどんぶりの上に

エビの天ぷらがもう一尾乗せられた。

 

「おやじ、いいのか。」

「なーに、気にすんなって」

 

男は泣きながらそばをたいらげた。

些細な人の暖かみにふれただけだが

涙が止まらなくなった。

男は退職してからもこの店に通おうと決めた。

そして財布から500円玉を取り出す

 

「おやじ、お勘定!」

「750円になります。」

 

もう大分前の話だけど、 会社から少し長めの休みを貰ったから、 久しぶりにと思って実家に遊びに行った、 そしたら実家の土地の隅
私(28歳)は母(50代)と妹(24歳)と現在3人暮らし。 父親は私が高校生のときに 父親の不倫と私の大学費用を出さない と言
ペットのカエルが死んだから 3日休みください言い出したんだがどう思うよ? ワイ「はい・・・〇〇の△△です。」 新人「あっ・・・△△

関連記事