身内の誰の顔も認識できない祖父が、孫達を見るとハッとしてすごく喜ぶし、それで回復してるような兆しさえあった。でも年末に入院した時、その理由がわかり悲しくなった…

 

認知症15年選手で90超えた祖父が

 

去年あたりから体を壊して

 

度々入院するようになった

 

親が同居していて

 

祖父は主に母が面倒を見ており、

 

孫である私達(三姉妹)は皆遠方にいるけど

 

入院のたびに必ず駆けつけてた

 

文字も絵も書けない、

 

身内の誰の顔も認識できない祖父が、

 

孫達を見るとハッとしてすごく喜ぶし、

 

それで回復してるような兆しさえあったから

 

「やっぱり実の孫はどこかでわかるのね!こんなに嬉しそうなおじいさんは久しぶり、元気になってくれて嬉しい」

 

と祖母も両親も喜んでた。

 

孫パワーすごい!みたいな

 

でも年末にまた肺炎で入院した

 

祖父の元に駆けつけた時、

 

祖父が孫をみて元気になってたのは

 

単純に若い娘に興奮してただけだとわかった

 

次ページへ続きます

関連記事