大きな狼犬の視線の先には、ちっさい毛玉が...よく見たら餌に釣られたガリガリに痩せた子猫だった。

この間バスの中から見えた和み。

 

渋滞してて正直暇だった。

何気なく外を見ていると

あるお宅の庭でご飯中のでかくて真っ白い犬を発見。

ハスキーあたりを純白にした感じ。

一瞬狼に見えた。

 

綺麗だなぁかっこいいなぁと

釘付けになっていたら

ご飯に夢中だった狼犬がぱっと振り向いた。

視線の先を辿ると何かちっさい毛玉が…

よく見たら三毛の子猫。

捨てられたのかガリガリに痩せてて

どうも狼犬のご飯に釣られたらしかった。

 

二匹は物凄い体格差なわけで

当然子猫はびくついてる。

でも目の前にはご飯が。

ご飯の前には氷山の如く聳える白い巨体が。

挙動不審な子猫を見つめていた狼犬

見兼ねたのかゆっくりした動きで

ご飯から離れてそっぽ向いて寝そべった。

 

狼犬「もうお腹ふくれたよー全然見てないよー(`・ω・´)」

子猫「!?寝ちゃったの?食べていいの?罠なの!?でもご飯…(*゚∀゚*)」

 

そんな感じで誘惑に勝てなかった子猫

一度食べ始めたら無我夢中でがっついてた。

それをこっそり横目で見てる狼犬が

「たんとお食べ(*´∀`*)」

みたいな優しい顔してて

物凄い勢いで和むと同時に

何だか泣きそうになってしまった。

 

ふと気付いたら飼い主さんとおぼしき男の人まで

お家の中から窓越しに(*´∀`*)な顔で

二匹を見てたし。

子猫にも幸せフラグの予感と共に

バスはようやく走り出しましたとさ。

たまには渋滞も悪くない。

次ページへ続きます

関連記事