工場で機械トラブル発生→AからBへ荷物を運ぶ仕事がAからCへ運ぶ事になったんだが、アホ「俺の仕事はBへ運ぶ事であってCに運ぶ事じゃありません!」

俺はとある工場で管理職をやっている。

ある夜、機械のトラブルが発生し

仕事内容が急遽変更になった。

例えるなら、ある荷物を機械を使って

AからBへ運ぶ作業が

AからCへ運ぶ作業になった感じ。

作業にかかる時間、労力はほぼ変化しない。

簡単な変更だった。

 

だがそれにケチをつけたのが

その作業担当になっているオッサン部下。

俺の仕事はA→Bであって

A→Cではないとゴネやがる。

確かにそうだがトラブルで

作業が変わったって言ってるだろ?

 

そしたらその作業は機械の修理の為に

やってきたメーカーさんにやらせろと

頭のおかしいことを言い出す。

 

あのな、メーカーさんは本来

勤務時間外なのに修理の為に

わざわざ夜駆けつけてくれたんだぞ?

内容が変更になったからって

本来はお前の仕事だろうが!

要はこいつ、トラブルを人に押し付けて

早く帰りたいだけなのだ。頭にくる。

 

結局俺のボケ上司の鶴の一声で

メーカーさんにやってもらうことになった。

メーカーの若い子は「いいですよー」と

笑顔で対応してくれたが・・・スマン。

 

このオッサンもう定年近いのに恥を知らないのか?

瞬間湯沸かし器みたいだから

相手するのが面倒くさくてイライラする。

こんなクズみたいなことやってて

家では家族に対してどんな顔してるんだろうな?

息子どころか孫までいるだろうに

若い奴に仕事を押し付けて帰ることに

疑問を持たないのだろうか。

 

自分の立場をわかってない老害って

一定数いるよな

若い代わりはいくらでもいる中で

雇ってもらえてることを本人だけは

当たり前と思ってる

無能なくせに権利だけは一丁前に主張する

自己中老害って世の中に必要ない

 

本当にそうだよな・・・

うちは子会社で

オッサンは親会社からの出向扱い。

ただ出向と言えば聞こえはいいが

要は無能かつやっかいな性格なんで

放逐されただけ。

有能な社員は親会社が手放すわけないからな。

ぶっちゃけ新しく採用した新人の方が仕事はできる。

そんな職人(笑)の老害共の対応で

神経が削られるよ・・・

俺に権限があるなら親会社に叩き返してやりたい。

 

反省してるのは嘘じゃない 気をつけなきゃっていつも思う。 毎晩寝かしつける時に 「ごめんね。今日はぷんぷん 怒ってばっかりだった」 って抱きしめて
私の元旦那は娘を溺愛してました。 娘は元旦那そっくりな顔立ちでお父さんっ子。 本当に仲の良い父娘だった。 娘が小学五年生になったあたりから 月経が始

 

関連記事