私「ただいm…」 夫「あっ」 母「ニヤニヤ」 → 私は包丁を握りしめ…

 

私の両親はいわゆる毒だったと思う。

 

母は虫の居所が悪いと

 

30センチの竹製の物差しで、

 

背中をばしばし叩く。

 

高校生になって体格的に私の方が勝つまで

 

ずっとこれをやられていて、

 

背中にはいまだに

 

内出血の跡が残ってる所があるくらい。

 

夏に水泳の授業があっても、

 

水着になることができずにいつも休んでいた。

 

父は、私に興味がなかったのか、

 

母にどれだけ殴られようとただひたすら無視。

 

父が母と離婚するまでほとんど話したことがない、

 

いわゆるネグレクトってやつだったんだと思う。

 

でも母は、顔と外面だけはよかったから、

 

誰もそんなことには気づかなかったと思う。

 

小学校の頃一番仲のいい友達に母のことを言ったけど

 

私が悪いことをしたんじゃないの?

 

と言われてからは誰にも言わなかった。

 

次ページへ続きます

関連記事