こんなに頑張って報われなかったヤツを俺は今まで見たことがない。

あるマンガ家志望の若者の話です。

彼が17歳のとき。

短編マンガが準入選に選ばれ

担当編集者がついてくれることになり

気をよくした彼は九州から東京に上京してきます。

 

当時は、すぐトップになれるぐらいの

気持ちだったそうです。

しかし、甘くはなかった……。

作品のネーム(あらすじ)を提出しても全然通らない。

連載にはいたりませんでした。

描いても描いてもボツになる……。

 

「さすがに自分の力のなさに気づいて

 そうすると壁がどんどん高く見えてくるわけです。

 1週間で19ページも面白いマンガを

 描き続けるなんていうのは、人間にできる技じゃない。

 マンガ家になるべくして生まれた人にしか

 できないことなんだと思うようになって

 ショックでしたよ」

 

描いても描いてもボツになる。

描いても描いてもボツになる。

描いても描いてもボツになる……。

彼は、ついには倒れて

1週間ほど体が動かなくなったそうです。

もう、マンガ家になることを諦めようとした。

サラリーマンに今からなれるかなとも考えた……。

でも、そのとき、当時の担当編集者が

こう言葉をかけてくれたのだとか。

次ページへ続きます

関連記事