うちの会社の新人は、必ずとある会社の担当になる。その理由とは・・・

まだ新人営業マンだった頃の話。

回ってた企業に

ずっとうちの得意様である会社があった。

社長とその奥さんで切り盛りしている

規模の小さい会社だったが

他ではできないような難しい仕事をこなし

一目置かれていた。

その為、社長はプライドが高くて気難しく

正直「どうして新人の俺が

こんな難易度の高い客に・・・」

常にビクビクオドオドしていた。

 

ある日、その社長から

商品クレームの連絡を受け呼び出された。

初めてのクレーム処理だった為

上司について来てもらおうと思ったが

「今すぐ一人で行ってこい」との事。

 

クレーム処理スキルは全くないし

いざ社長の前へ行ったら

もうペコペコと頭を下げる事しかできず

対応も何もあったもんじゃなかった。

そんな俺に飽きれたのか、社長は

「早めに処理しといてくれ」

とだけ言って、解放してくれた。

 

重い気持ちのまま外へ出ると

うちの会社から携帯に電話が入り

「まだ話があるからすぐ戻ってこい」

と、さっきの社長から連絡がきたとの事。

 

「えええ、まだ何かあるのかよ・・・」

と、重い足取りで引き返す。

次ページへ続きます

関連記事