後輩からコクられたけどはっきり断った。後日、「あの日のことは○月○日の事変と名付け、一生忘れません」「…」

部活の後輩で仲良くなった後輩がいた。

後輩は口下手なタイプだったが

頻繁にメールのやり取りをしていた。

頻繁にと言っても、1ヶ月に一度くらい。

内容は長文の一方的なもで

文通のような感覚だった。

互いの近況報告や、学校や仕事のこと

悩みや辛いことなど…色んなやりとりをした。

 

ある時から後輩から

好意を寄せられている感じがし始めた。

私はそれとなく、彼氏いるアピールしつつ

付き合いを継続させていた。

時々メールのやりとりをするくらいが

ちょうど良いと思っていた。

 

私は彼氏と別れてしばらくした後

後輩から電話で告白された。

共通の友達から聞いたらしい。

でも告白の言い回しが

「遠距離でさみしい思いをさせるかもしれない。」

から始まって、付き合う前提で

色んな話しをされた。

 

「結婚したら、こっちにきて生活するのにうんたら」

いやいやいつ結婚するの?(^p^)

私まだ学生だし、就職しても

後輩くんのところ行きたくないよ?

ってかそう言うの相談して決めるものじゃない?

まあ、もともと付き合うつもりはなかったから断った。

 

すると後輩から後日

「あの日のことは○月○日の事変

と名付け、一生忘れません」

「何日も食事が喉を通らないくらいショックでした…」

「でも諦めませんから!」

と メールがきました…。

次ページへ続きます

関連記事