家を訪ねてきた警察官「この方をご存知ではないですか?」→ 視線を向けると、とんでもない光景があって・・・

過激な描写あり。苦手な方はそっと閉じてください。

 

これは私が小学生の時に祖母から聞いた

今では考えられない話なんですが・・・。

 

祖父母は昔、部落長屋に住んでおり

家の裏手が線路でした。

ある日、長屋を一軒一軒チャイムする音がし

自分の家まで来たので祖母の祖母?

(記憶があいまいで良く覚えてません)

ドアを開けると、そこには警官が立っており

「この方ご存知でないですか?」

手には髪の毛をつかんだ生首を持ち

聞かれたそうです。

 

そうです、飛び込み自殺があったのです。

今では絶対考えられないですよね。

本当か嘘の話かは定かではないですが

私が子供の頃に聞いたほんのりと怖い話でした。

 

うわあ、目に浮かんだ。
ほんのり…てか結構怖かったぞ

 

そうですね。

ほんのりじゃないですよねすみませんでした。

もう1つ思い出したのですが…

これは祖母の実体験で先ほどのより

グロくなるので止めた方がいいのでしょうか?

 

いや、いってみようか

画像でないなら大丈夫でわー

ヤバ気なら途中で読むのやめるし

 

そうですか。

じゃあ書かせて貰いますが

グロいの嫌な方はスルーして下さい。

次ページへ続きます

関連記事