『このメールを転送しないと、あなたはタヒぬ。』チェーンメールを完全に信じた私は、助かりたくて友人に転送をすると…

不幸の手紙系のチェーンメールが届いたときに

恥ずかしながら真に受けてしまい

とにかく死にたくない一心で友達に転送した。

すると「こういう悪趣味な悪戯メールを

好きな人同士で送り合うのは自由だけど

私はこういうの大嫌いだから

二度と送ってこないで!」と即レスが来た。

 

「送られて嫌な気持ちになったのは

私も同じだし助かるためには

誰かに送らないといけなかったからそうした。

死にたくないから送ったけど

私のメールが原因でAちゃんが死んだら

気分良くないから制限時間内に指示通り転送してね」と送った。

 

すると「は?まさか内容を

本気にしたとは言わないよね?

こんなのアナログ時代からある不幸の手紙と

同じ悪戯なんだけど」

と返ってきたので、ぐぐって初めて単なる悪戯と知って愕然。

 

「ごめん本気にしてた(汗)

この件はスルーでよろしく(苦笑)」

と返すと

「単なる悪戯ならスルーできたけど

私がスルーしたら殺されると信じて

送ってきたとなると話は別。

本当に大切な友達には送ってないだろうし

殺されても構わないと思われてる相手と

友達付き合いはできない」と来た。

次ページへ続きます

関連記事