【辛い思い出】見知らぬ男「ここで何してるんだ!」と彼女の肩を掴んだ。俺「乱暴はやめて下さい!」男「夫婦の問題です」俺「はぇ?」

当時は就職氷河期と呼ばれる時期で

就職活動時皆荒れていた。

当時、俺には彼女がいたのだが

時間が合わない考え方の違いなどが溝を深め

大学卒業する前にはもう別れていた。

 

心機一転就職先でいい女捜すぞ!などと

息巻いていたのも最初だけ。

職業柄見渡す限り男の園、取引先も男男男!

当然出会いなどある訳も無く

配属された瞬間から先輩に

「で合コンはいつ開くんだ?」と聞かれる始末。

 

そんな無残に飢えた男達の行き着く先は

当時流行り始めていた「出会い系サイト」だった。

今は出会い系なのか援助交際系なのか

さっぱり分からんが当時はまだまだ

真剣に出会いを求めている男女も多く

そこからお付き合いを始める人もいることはいた。

(とインターネットに書いてあったw)

 

そんな僅かな可能性に縋り付きたいという

惨めな男達を騙す女もいたが

その数々のトラップを乗り越え

彼女をゲットすることに男たちは燃えていた

そんな時代だった。

 

そんな中、俺にコンタクトを取ってきた

女性それがみゆきだった。

俺たちは趣味も似てい

頻繁にメールをするようになり

直アドも交換していた。

順調にメールのやり取りをして

1ヶ月が経ったころみゆきから

「そろそろ会って見たいな」

というメールが来た。

俺は舞い上がった思わず携帯落とすほど。

事前にデートコースも考え

色々調べ逢う日を心待ちにしていた・・・

このころはまだ純粋だった。

次ページへ続きます

関連記事